FAQよくあるご質問

入社後の研修期間はどのくらいですか。
その内容について教えてください。
4月~5月に基礎研修、6月にOJT研修と、約3ヶ月間研修を行っていただきます。
そして7月からは仮配属部で、業務にあたっていただきます。
  • 【研修内容】
  • 4月:電通グループ会社合同研修(約2週間)や、社内での「ダイレクトマーケティング」「広告制作」についての基礎研修を行います。
  • 5月:マーケティングツールの基礎、デジタルマーケティング、CRM、クリエーティブ分析、調査、事業シュミレーションなど、概論とデータ分析の基礎や、ペルソナ作成など、消費者起点に思考する基礎ワークが中心に行います。また、クライアントや先輩社員の名前を覚えるためにも、代表電話を積極的に取ることも始まります。
  • 6月:先輩トレーナーとともに、クライアントや制作会社・分析会社などの外部委託先との打ち合わせに出席してもらいます。実際の業務を知るOJTが中心となります。
  • 7月:研修期間中の適性を判断し、各部への仮配属が決定します。
1年目の業務内容を教えてください。
『クライアント担当の一人として、信頼される存在を目指す』。
これを念頭に置き、データの分析・報告業務などをメインに業務を担当してもらいます。データ分析から導き出される結果は、年次に関係なく確かな情報としてクライアントに報告できるからです。
WEB施策のデータ分析、広告実施結果の分析報告、調査分析報告などのほか、見積もりやスケジュールの作成・調整、制作会社への修正依頼なども行ってもらいます。
また、場合によっては、「施策の提案」の一部を任せることもあります。
何年目で独り立ちして業務を任せてもらえますか。
初期は基礎的な業務経験を積む傍ら、1~2年目から新規開拓業務を行い、自分が担当としてクライアントに企画提案することも可能です。
どういう業種のクライアントと仕事をしていますか。
金融・保険・メーカー・製薬・健康食品・化粧品・家電・通信・生活雑貨・ジム・エンターテイメント・地方自治体・旅行レジャー・アパレル・エステなど、生活に関わるあらゆる領域のクライアントと仕事をしています。
電通と電通ダイレクトマーケティングの違いは何ですか。
電通は「総合広告代理店」、当社は「ダイレクトマーケティングに特化した広告代理店・コンサルティング・事業サービスの会社」です。
当社は、1人の担当者が、コンサルティングや戦略提案、企画、制作まで幅広く関わることができます。また、テレビ・紙などのオフライン領域と、デジタルなどのオンライン領域を統合的に扱うことも特徴です。
「事業パートナー」として、クライアントと一緒に事業課題の解決策を考えます。
電通と仕事をすることは多いですか?
電通と協業で行っているクライアントは現在約50%です。業務内容はメディアの調達、ダイレクト業務の専門家としてのクライアント提案・対応業務、競合プレゼンなど多岐にわたります。
入社前に取得しておくとよい資格はありますか。
MOS資格、初級WEB解析士、社会調査士など、入社後に役立つ資格はありますが、特に必須ではありません。
社会人としてどこの会社に行っても求められるものとしては、エクセルやパワーポイントです。特にエクセル関数は、勉強しておくと入社後の業務がスムーズに進むため、身につけておくとよいでしょう。
基本、仕事はパソコンを使用しての業務となります。そのため、スムーズなテキスト入力はできるようにしておきましょう。
転勤はありますか。
オフィスは東京のみのため転勤は基本的にありません。但し、今後の事業展開により転勤が発生する可能性はゼロではありません。
残業時間は平均どのくらいですか。
担当業務によって異なるので一概には言えませんが、ひと月の残業時間が10時間未満のときもあれば、30~40時間になるときもあります。
当社では、平日22時~翌5時までの就業を禁止とし、20時までの帰社を推進しています。また、「プレミアムフライデー」も導入しています。
入社後のキャリアについて、教えてください。
20代後半でリーダークラス、30代前半でマネジャークラスというのが、弊社が目指したい理想的なキャリアモデルです。
どのような研修がありますか。
オンラインでのデジタル基礎知識研修、半年に1回のダイレクトマーケティング基礎知識強化研修、電通本社でのスキルアップ研修、外部講師や社内講師による月数回のテーマスキルアップ研修など様々な研修があります。その他にも、専門性を高めるための外部研修支援、社会人基礎力を養うための外部研修制度もあります。また薬事などの専門資格取得を社内で推奨しており、その支援も積極的に行っています。
新卒採用の選考のポイントを教えてください。
業務との『マッチング』を重視した選考を行っています。具体的にはデータへの興味・適性、ロジカルシンキング、掘り下げて考えらえる思考力、適切な会話ができるコミュニケーション力と、仕事への積極的な意欲です。
子供がいて働いている女性はいますか。
お子さんがいる管理職の方や、お子さんの成長にあわせて時短勤務をしている方、また産休を取得されている方など、多くの女性が勤務しています。
会社の雰囲気(社風)はどのような感じですか。
年次や職位に関係なくフラットで、役員と若手社員でもよく交流をしています。
若手会や同期会、部会、部門会など、様々な交流が盛んです。「釣り部」「スキー部」「競馬部」「ゴルフ部」「日本酒の会」「筋トレの会」などの私設部活・サークルも密かに存在しています。
どのような人が向いていますか。
自ら考えて行動していきたい、いろんな可能性を考えたい、早く専門家になりたい。そんな方が向いていると思います。また、「データ」からは逃れられないので、データから積極的に発見をしていきたいという方も向いています。
ゆっくりよりはせっかち、ふんわりよりは緻密、うわべよりも本質、一部分より全体、勉強好き、粘り強い、仕切り調整好き。これらがあてはまったら、かなり向いているといえるでしょう。
遠くから通勤している方はいますか。
10分で通勤できる方もいれば、2時間くらいかけて通勤している方もいます。若手社員は会社から30分~60分のエリアに住んでいる方が多いです。
社員の方の出身大学を教えてください。
早稲田大学、立教大学、上智大学、青山学院大学、横浜国立大学、お茶の水女子大学、埼玉大学、など首都圏の大学出身者が多いです。佐賀大学、立命館大学といった九州や関西の大学、日本大学芸術学部などの芸術系の大学・学部出身者もいますし、日本体育大学の出身者もいます。
独立起業する方はいますか。
どのような会社を立ち上げていますか。
デジタルマーケティングのコンサルティング・コンテンツ開発、ダイレクトマーケティングのコンサルティングなど、業務で培った経験やネットワークを生かした独立起業をしています。ここ数年、毎年1人は独立起業しており、起業した後も協業で業務を行うこともあります。