ABOUT
DIRECT
MARKETING
ダイレクトマーケティングとは

「ダイレクト
マーケティングとは何か」

をわかりやすく解説!

SNSを見ていたら、気になる商品が表示された。
気になることを検索すると、それに関連する広告が表示される。
一人ひとりのニーズに合わせて届く広告、
それこそが「ダイレクトマーケティング」なのです。

消費者のニーズを知ること!

情報が溢れかえっているこの時代…
「これが欲しい」
と思うタイミングは百人百様。
だから、一人ひとりに、「欲しい」と思わせる情報(=広告)を直接届けないと、行動してもらえないのです。

そのための手法がダイレクト(=直接)
マーケティング(商品購入させる働きかけ)です。

そのための手法がダイレクト(=
直接)マーケティング(商品購
入させる働きかけ)です。

そこで大切になるのは、消費者が
「いつ」「どこで」「どんな情報」
を受け取り、「なぜ」購入したのかを知ること。
それが人を動かすトリガーになるのです。

情報が溢れかえっているこの時代…「これが欲しい」と思うタイミングは百人百様。だから、一人ひとりに、「欲しい」と思わせる情報(=広告)を直接届けないと、行動してもらえないのです。 「欲しい」と思うその瞬間を想像してみよう!もしボクだったら・・・・

Point

消費者のニーズを知るには、購入履歴や行動動線、購買心理などのデータを分析し、傾向を把握することが大事なんだ。

広告で人を動かすこと!

消費者の気持ちがわかったら、それに適したメッセージを
「広告」の形にして、ダイレクトに届けます。

届け方も時代によって刻々と変化しています。テレビ・ラジオ・新聞など一度に多くの消費者に届けられる媒体に加え、インターネットやスマートフォンの普及により、これまで以上に、消費者一人ひとりにアプローチできるようになりました。

これらのコミュニケーション手法を組み合わせて使い、
「自社サイトに導く」「問い合わせさせる」
「申し込みさせる」「買ってもらう」などのACTIONにつなげます。

これらのコミュニケーション手法を組み合わせて使い、
「自社サイトに導く」
「問い合わせさせる」
「申し込みさせる」
「買ってもらう」
などのACTIONにつなげます。

消費者の気持ちがわかったら、それに適したメッセージを「広告」の形にして、ダイレクトに届けます。 アクションさせるには、 タイミングも大切なんですね!

Point

消費者の行動に合わせて、オンライン・オフラインを活用し、適切なタイミングで広告を発信。より多く接触させることでACTIONの機会が増えるんだ。

続けてもらうことも大事!

ダイレクトマーケティングは、
「広告を打つこと」
「行動させたこと」
がゴールではありません。

試供品(トライアル)を購入した人には本品購入を、
本品購入した人には、2回目以降も継続して使ってもらえるよう
商品のよりよい使い方やサービスの良さを伝えるなどでリピーター化させます。

「こんな使い方あったんだ! もっと使ってみよう!」「こんな使い方あったんだ!
もっと使ってみよう!」
と思ってもらうことが、リピーター化のカギなのです。

「こんな使い方あったんだ! もっと使ってみよう!」と思ってもらうことが、リピーター化のカギなのです。 リピート決定!ここからが勝負だね!

Point

お礼状や商品の成分説明、HOW TOなどの情報を送ることで、納得感を上げ、消費者が自己肯定できるよう導くことも大切なんだ。

ファンになってもらうこと!

リピーター化の次に待っているのが“ファン化”です。

商品を購入してくれた消費者には、より上質なサービスや商品の情報を提供し、
よりよい体験をしてもらいます。その体験が、長期間の購入や複数商品の購入へとつながり、
その企業のファン(=ロイヤル顧客)となるのです。

このことをCRM(顧客管理)といい、顧客獲得からCRMまで行うことができるのが、
「ダイレクトマーケティング」なのです。

リピーター化の次に待っているのが“ファン化”です。 ファンがどんどん増えてますね!結果を計測して、次の展開を考えよう

Point

商品や企業のファンになることで、SNSなど口コミで自分の体験を周囲へ拡散。それによって顧客拡大にもつながるよ。