NEWS一覧を見る

PRIVACY POLICY
プライバシーポリシー

株式会社電通ダイレクトマーケティング(以下「当社」という)は、事業戦略、商品企画などのプランニングから、コミュニケーション戦略策定、メディアプラン、クリエーティブ制作をプロデュースします。この業務を遂行するに当たり、多くの個人情報を取扱うことから、信頼される会社として健全な業務運営を行なう上でも個人情報保護は重要な役割であると考えます。そのため、当方針に従い、JIS Q 15001:2006の要求事項に適合した個人情報保護のためのルール及び社内体制を「個人情報保護マネジメントシステム」として定め、グループ企業各社とともに、万全の体制を敷いて個人情報の適切な取扱い及び保護に取り組みます。
当社が保護する個人情報について
個人情報とは、その情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述、又は個人別に付けられた番号などによってその個人を識別できるもの(その情報だけでは識別できないが、他の情報と容易に照合することができ、それによって個人を識別できるものを含みます)をいいます。
個人情報の取得・利用・提供について
当社は、受託業務および当社の社員管理等のため取得した個人情報を、取得目的の範囲内のみで利用し、取得目的外による個人情報の利用はいたしません。また、本人の同意なくして第三者に提供いたしません。そのことを徹底する措置として、当社は各種の運用手順書を策定し、個人情報保護管理者による確認、内部監査を実施いたします。
法令等の遵守について
当社は、「個人情報保護マネジメントシステム」の運営にあたり、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針、その他の規範を遵守し、個人情報保護に努力してまいります。
個人情報保護のための安全対策の実施について
当社は、個人情報の取扱いに際しては、個人情報の漏洩、滅失、毀損等の防止を徹底するため、事業所の入退室管理、コンピュータシステム上の安全対策などのほか、次の各種の措置を講じ、適切かつ合理的なレベルの安全対策を導入することで皆様の個人情報保護に努め、適切な管理を実施します。
従業者の監督
個人情報保護体制を統括する個人情報保護管理者を中心に、全社をあげて個人情報保護を推進しています。当社の従業者一人ひとりが、個人情報保護の重要性を理解し、個人情報を扱う際には十分な注意を払います。
業務委託先の管理
業務上、個人情報の取扱いを委託する場合には、当社規定の基準に従い個人情報保護のための安全性を確認した委託先に限定します。
是正・予防措置
個人情報の取り組みを適宜是正し、個人情報の事故を未然に防止するため、管理事項の定期点検及び内部監査を実施します。また、個人情報に関わる事故が発生した場合にも、被害の拡大を防止する措置を速やかに講じた上、事故の原因を分析し、再発を予防する措置を講じます。
個人情報の取扱いに関する苦情及び相談
当社は、個人情報の取扱いに関する苦情、相談、及び本個人情報保護方針に関するお問い合わせ等に対して、対応窓口として「個人情報保護窓口」を設置し、速やかに対応いたします。また、苦情、相談等に基づき、「個人情報保護マネジメントシステム」の改善に努めます。
個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善
当社は、社会情勢の変化や情報技術の進歩等に対応し、個人情報保護に関し常に最善の体制を確立していく所存です。そのため当社の経営環境を鑑み、定期的に「個人情報保護マネジメントシステム」の内容及び運用状況を監査し、その結果に基づいて「個人情報保護マネジメントシステム」の見直し、改善を行います。