NEWS一覧を見る

EXPERT
エキスパート

“真の事業パートナー”を目指して。

小林 裕宗Yuzo Kobayashi

統合コンサルティング部
部長

戦略プランナーとしてダイレクト事業をサポート

『電通ダイレクトマーケティング』に新卒採用一期生として入社。営業を3年間経験したのち、戦略プランナーとして7年間、化粧品や健康食品のお客様を中心に担当してきました。戦略プランナーの担当領域は、市場の調査・分析、事業計画の立案と運用、新サービス開発、時にはお客様の事業所に常駐してプロジェクトマネジメントを行うなど、非常に業務領域が広いです。もともとコンサルティング業界と広告業界を志向していたので、両方の要素がある当社での仕事は、まさにやりたかった仕事そのものです。

クライアント事業の成長エンジンになる

今までで特に印象的な仕事を2つご紹介します。
1つ目は、某毛髪化粧品の商品開発からローンチ後のプロモーションまでをサポートした事例です。消費者調査からコンセプト立案、成分内容、価格、パッケージなど、全てをお客様と一緒に開発しました。当社の強みは、発売後のコミュニケーションまで考えた商品開発ができることです。商品発売前から、各種法令やメディア審査などを考慮し、広告で何がいえるか、それが消費者に受け入れられるかを検討し、売れる商品にブラッシュアップしていきました。商品を1回売るだけでなく、使い続けてもらうために、価格設定や容量などにもこだわり、開発をしました。今その商品は、ブランドの柱商品のひとつになっています。
2つ目は、お客様の事業成長を集中サポートした事例です。こちらはプロジェクトマネージャーとして、プランナーの枠を超えてダイレクト事業全体をサポートしました。商品のターゲット選定やUSP再考などのマーケティング領域から、お客様の事業所へ常駐してのデータ分析、コールセンターや物流会社との打ち合わせといった現場の仕事まで、事業部の一員として幅広くサポートさせて頂きました。企業の成長に伴い、関わる人数もやるべきことも増えていくリアルな成長を、お客様と共に体験できたことは、自分の中でも非常に良い経験になりました。
上記のような中長期のサポート業務だけでなく、短期のマーケティング戦略立案といった仕事もありますが、どんな仕事においても「自分のプランがお客様の事業成長にどう貢献できるのか」という視点は忘れずに仕事をしています。

『電通ダイレクトマーケティング』だから出来ることの追求

「当社の強みを活かしながら、お客様の事業を成長させる“真の事業パートナー”と呼べる会社にしていくこと。」これが今の私の目標です。
当社の強みは、まず「企画力」にあると考えています。論理の上に何をのせるか、どうすれば人が動くのか、広告会社としての企画力や表現力、顧客インサイトに対する深い理解といった部分こそ、今後の強みになるといえます。日々の提案の際、現状の課題を指摘し改善策を提示するネガティブアプローチにおいて、広告会社が磨いてきた企画力や表現力は、大きな武器になると思います。
また、企画を現実のものとする「実行力」も大切です。お客様の企業文化や風土に対する理解や対応、場合によってはお客様の内部に入りこみ、業務体制を構築することも必要になります。実現のために必要なことがあれば、プランナーの領域を超えてトータルでサポートする。そういった本当の意味でのフルサポートで、お客様の事業成長に貢献したいと考えています。

そして何より大切なことは、「企画力」も「実行力」も、個人ではなくチームとして発揮していくということです。知識やスキルの個人知を集合知にどう進化させるか、さらにそれをどう自動化させ生産性をあげるか。個人が溜めてきた強みを積み上げ、会社としての強さを構築していくことが、今の課題であり、叶えるべき目標です。

EXPERT

TEL : 03-6858-9510(平日9:30〜17:30)

お電話でのお問い合わせ

TEL : 03-6858-9510(平日9:30〜17:30)